急にまとまった現金が必要になった際、生命保険に入っていれば保険会社に対して契約者貸付制度というものを利用することで借り入れを行うことが可能です。

耳慣れない制度ですが、簡単に言えば、現在契約している生命保険を解約した際に戻ってくる返戻金を担保にすることで借り入れができるというサービスになります。

 

保険会社ごとに、または生命保険の種類でも変わってきますが、通常は解約返戻金額の7割から9割程度の範囲内でお金を借りることが可能です。

 

この契約者貸付制度を利用できるのは保険を契約をしている本人だけになりますから、申し込みをするためには本人確認等、指定されている書類の提出が必要となってきます。

当然ですが借り入れをする際には上乗せした利子を付け加えて返済を行わなければなりません。

 

変動がありますが、この辺りの利率は3%弱と見ておいてください。

借りたお金を受け取る方法もいろいろとありますが、借り入れ専用のカードを手にした後はATMから簡単に取り引きができる保険会社も少なくありませんから、事前に調べておくと安心です。

 

契約者貸付制度に関しては解約払戻金の範囲の内であれば何度も繰り返し借りることが可能です。

しかし、借り入れを積み重ねてなおかつ返済が滞ってしまった場合には、借金額がこの解約払戻金の額を上回ってしまう危険性が出てきてしまいます。

 

そうなると、保険自体が失効してしまうという可能性が出てきますので注意をしてください。

返済が完了すれば保険の効力を復帰させられますが、くれぐれも計画的に返済していく心がけが必要です。