最近話題になっているのが仮想通貨です。

では、仮想通貨で取引する上でまず最初にやるべきことは何でしょうか。それはどの取引所を使うかということです。

 

実は仮想通貨を利用するためにはどこかの取引所に登録してから使用することができます。

今日はその数ある取引所の中でもリップルを利用するメリットとデメリットについて記したいと思います。

 

まず、最初にとりあげるメリットは何でしょうか。それは取引手数料が安いということです。

クレジットカードの手数料よりも安くなっていますので、リップルを取り扱うお店が増えればそれだけ手数料の負担が減り、お得に買い物できるようになります。

 

もう一つのメリットは信頼です。実際、仮想通貨を行ううえで重要なのが信頼です。

信頼がないと安心して運用ができません。リップルはグーグルが行っている仮想通貨です。

それで、信頼という面では安心して運用することができます。

 

とはいえ、リップルを利用するとどのようなデメリットがあるのでしょうか。

まず考えられるデメリットは取引先が破綻した場合の保証がないということです。

 

つまり、高額な取引をした場合に仮に相手が破産したならば大きなリスクが伴ってしまいます。

 

とはいえ、リップルは取引手数料が安く、柔軟に取り引きでいる仮想通貨ですので、メリットが多いといえます。

もちろん、定期預金とは違い持っているだけで増えることはありませんので、積極的に運用していくことが重要です。