消費者金融を利用してお金を借りる時は身分証明書の提出が必要になってきます。

身分証明書は基本的に運転免許証を提出する人が多いですが、持ってない人は別の身分証明書を提出する必要があります。

 

運転免許証以外の身分証明書は保険証が挙げられますが、注意したい点があるのでしっかり把握しておく必要があります。

そこで保険証を提出して消費者金融でお金を借りる時の注意点を確認していきましょう。

 

・スマホのアプリで提出する時は必要な情報が確認出来るように撮影する

消費者金融はWeb完結申込が出来るようになっていて保険証の提出はスマホのアプリでアップロードして提出する事になります。

そこでアプリで保険証を撮影する時に必要な情報が確認出来ないと再提出になってしまう可能性があります。

 

それで再度提出しなければいけなくなるのでお金を借りる事が出来るのも遅くなってしまいます。

スマホのアプリで保険証を提出する時は必要な情報が確認出来るように撮影しましょう。

 

・国民健康保険証を提出する時は収入証明書の提出を求められる事が多い

保険証には会社員が会社から支給されている社会保険証と自営業や個人事業主などの保険証の国民健康保険証があります。

社会保険証を提出する時は運転免許証を提出する時と同じ方法で問題ありませんが、国民健康保険証を提出する時は収入証明書の提出を求められる事が多いです。

 

収入証明書は課税証明書や確定申告書などが適用されるので国民健康保険証を提出する時は申し込む前に準備しておきましょう。