キャッシングの申込みの際に身分を証明できる物の提出を求められその際には運転免許証を提出する人が多く見られます。

また金融会社から見ても強制ではないが出来れば運転免許証でお願いしますとプレッシャーをかけている所もたまに見かけます。

 

運転免許証を身分証明として有効な理由に

顔写真が乗っているので本人確認をし易い

 

運転免許証は住所は勿論ですが必ず自分の顔写真を貼った上で作成する為身分証明書としてはこの上ない程信憑性があり同様に顔写真のあるパスポートも同様に有効です。

しかし運転免許証は高いお金を払って試験に合格した人のみに配布される為運転免許証を持ってない人も存在します。

 

そこで代わりとして提出が求められるのが「健康保険証」です。

健康保険証も申込みの際の身分証明として有効ではありますが運転免許証と違い「顔写真」が無く本人か否かを確認しづらくこれを提出して審査にはねられたりした報告は聞かない物の

・所得証明書

・収入証明書等

ちゃんと収入を得ている事を証明できる書類を別途で提出する必要が出てきたキャッシング会社もあったの報告もある為健康保険証しか持っていないのであれば「健康保険証+収入を得ている事を証明出来る書類」の準備をしておいた方が万が一提出を求められた際にも迅速に対応出来るので用意しておいて損はありません。

 

最後に結論を言うと「健康保険証のみの提出で申し込みや審査を通してくれる確率は高いがそれ以外にも書類は用意しておいた方が安全」になるでしょう。

 

どうしても顔写真付き身分証明書が欲しいならパスポートを作成してそれを提出すると言う選択肢もあります。

 

お金はかかりますが少なくとも運転免許証よりは取得が簡単な方なので外国へ旅行へ行く事は無くてもキャッシング等の健康保険証とは別に身分を証明できる物として用意、または作成する準備ぐらいはしておいた方がより確実に通りやすいかもしれません。