保険証のみでも大丈夫なの?

消費者金融や銀行系のカードローンでお金を借りるには、少額なら保証人や担保が不要です。

その代わりに、あなたの信用が大切です。

 

そのため信用貸しとも言われているのですが、まずあなたの申告に虚偽がないかどうかを調べることが大切です。

お金を貸すにあたって、返済が絶対の条件ですが、返済にあたって必要なのは安定した収入です。

 

そのためまず仕事をしていて、毎月安定した収入が必要なわけです。

その仕事や収入が本当に信用できるのかを確認するために、会社に在籍確認をしたり、給料明細や源泉徴収票を提出したりします。

 

会社の在籍確認をするにしても最近では、大きな金額を借り入れしなければ身分証明書だけで契約ができてしまいます。

 

身分証明書類といえば代表的なのが「運転免許証」です。

氏名、生年月日、住所、そしてなんといっても顔写真が記載されています。

 

その他運転免許証には免許証番号が記載されていて、どこの県でいつ取得して、何回くらい再発行しているのかもわかります。

しかし、都内で暮らしていたり、バスや電車で生活が成り立っていると不要なのが運転免許証です。

 

身分証明書として取得するにはお金や時間がかかりすぎます。

 

そのため運転免許証を取得していない場合、次に有効なのが「保険証」とされています。

保険証にも種類があり、共済組合や社会保険、国民保険証などがあります。

 

消費者金融や銀行系のカードローンでも保険証でOKとするところもありますが、その際には現住所の確認で住民票や、公共料金の支払い明細などで確認する場合もあります。

まずは申し込みの際の必要書類を確認しましょう。

犯罪による収益の移転防止に関する法律の改正について

2016年10月1日に「犯罪による収益の移転防止に関する法律

以下(犯罪収益移転防止法)が改正されたのをご存知ですか?

 

この法改定によってキャッシングやカードローンの本人確認書類の扱いに新たな規制がかけられました。

難しい名称になっている「犯罪収益移転防止法」とは何か?

 

簡単に云いますと不正なお金のマネーロンダリングを防止するための法律です。

これは貸金業法や銀行法などに関係なくすべての金融機関に適用されることになっています。

 

キャッシングやカードローンの申込みをすれば、審査を受ける必須条件として金融機関から本人確認書類の提出を求められます。

本人確認書類の提出がなければ融資を受けることはできません。

 

犯罪収益移転防止法の改正前は本人確認書類として公的機関などが発行している運転免許証、パスポート、年金手帳、健康保険証などはどれか一つの書類だけで本人確認書類として通用することがほとんどでした。

 

しかし、改正後では追加書類が必要となりました。

運転免許証やパスポートなどの顔写真があるような書類であれば、その一つの書類だけで本人確認書類として通用することには変わりません。

 

ですが、以前に通用していた年金手帳や健康保険証のような顔写真がない書類である場合にはその一つの書類だけで本人確認書類としては(単独では)使えないです。

 

具体的には、保険証の他に住民票の写しや、公共料金の領収書などを提出する必要ができました。

法的な規制ですから例外は認められないのです。

保険証は3種類あります。違いを知っておきましょう

健康保険証には3種類があります。

その一つが全国健康保険協会が発行している健康保険証で協会けんぽと呼ばれています。

これは中小企業などで働いている人が所有している保険証です。

 

そして2つ目が組合保険証(くみあいほけんしょう)これは大企業で働いている人は公務員の人などが持っている健康保険証です。

 

そして3つ目が国民健康保険証(こくみんけんこうほけんしょう)です。

これは自営業などの人などが持っている健康保険証です。

 

一般的に消費者金融が、速やかにお金を貸してくれるのは協会けんぽの保険証と組合保険証です。

理由はこの2つの保険証を持っている人は働いていて毎月決まった給料を得ているという証明になりますので、消費者金融は自信を持って貸してくれるというわけです。

 

(※詳細はこちらで書いています。消費者金融なら保険証+αで大丈夫です。

一方、国民健康保険証を持っている人は、なかには余り働いていない人もいますので、この保険証では大口融資を渋る消費者金融もあるかもしれません。

 

しかし、住民票+所得証明書なども合わせて提出することで、お金を貸してくれることはありうると思います。

このように健康保険証だけでお金を貸してくれるのかどうかは、健康保険証の種類によって若干変わってきますので、まずは自分の健康保険証を確認してみてください。

私は健康保険証しか持っていませんが今までにカードを5枚作れました

私は、健康保険証しか持っていませんが今までにクレジットカード5枚作ってお金を借りて来ました。

 

健康保険証のみでキャッシング枠の審査を受けることはできます。

カードの審査を通過するコツですが、まず審査に前向きな消費者金融を選びましょう。

 

審査が厳しい所は健康保険証以外の自動車免許やマイナンバーカードが審査に必要となってきます。

アメックスやダイナースカードなどは審査が厳しいのでおすすめしません。

 

審査に前向きな楽天カードとファミマTカードがおすすめです。

特にファミマTカードは審査が早かったです。

 

私の経験上、カードの審査で受かるコツは職業や収入の多さよりも、実家住まいかどうか?が重要です。

親の実家に住んでる、夫の建てた家に住んでる、などの人は収入が少なくても審査が受かりやすいです。

 

健康保険証だけでカードの審査をする時に注意すべき事は健康保険証の有効期限の日付をチェックすることです。

有効期限が切れた健康保険証では審査に通りません。

 

もしも健康保険証の有効期限が切れている場合、市役所から届いているであろう新しい健康保険証の入った封筒を探してください。

万が一の時のために市役所から届いた封筒は捨てないようにしましょう。

 

外に出て無人契約機や消費者金融の窓口などで契約しなくても、ネットだけで契約できます。